知っていた!?飲食店のアルバイトの実態とは

飲食店のバイトの実態

飲食店でアルバイトをしている人はたくさんいますね。飲食店は割とどこにでもあり、採用もそれほどレベルが高くないため、特に学歴や年齢に関係なく採用されるのです。飲食店で日勤のバイトをする場合、あまりお金を稼ぐことを第一に考えないほうがいいでしょうね。何故なら他のアルバイトに比べると飲食店の時給はどこもやや低めに設定されているからです例えば最低賃金が800円のところは820円とか850円で働くことになります。

飲食店でバイトしたければ土日は空けておく

飲食店でアルバイトを始める場合、出勤をお願いされる曜日はほぼ土日や祝祭日になります。アルバイトの中には人が働く平日に働くバイトもありますが、どこの飲食店でも大抵は土日開いており、土日にシフトに入ることが条件とされていることが多いのですね。もし、アルバイトの面接の時に土日に入れない旨伝えた場合、結構な確率で不採用にされます。どうしても飲食店で働きたければ笑顔で「土日は入れます」と伝えるようにするべきです。

忙しいけども賄もある点がお得!

飲食店、特にファミレスのアルバイトの大変なところはお昼時や夕食時は余裕がないことですね。忙しい上にさらにお客さんが容赦なく入店して来るため、7時から8時半ぐらいまでは時計を見る間もなくあっという間に過ぎ去ってしまうのです。ですが、そんな忙しい飲食店のバイトですが休憩のときには賄いとしてそのお店で作っている商品を食べることが出来るという特典が付いています。あるいは閉店して余ったおかずをいただくことができるお店もあります。

飲食の求人なら大阪に数多く見受けられますから、理想的な応募先が見つかりやすいというメリットがあります。