就職に有利な保育士の免許の2つの取得方法

保育士の免許は2つの方法があります

保育士の免許は、保育園や児童福祉施設で先生として活動する時に利用する資格です。 古くは任意資格だったのですが、児童福祉法一部改正の2003年に、国家資格になったわけです。 保育士の資格を手に入れるためには、厚生労働省の指定する養成校を卒業する手段と、保育士試験に合格ラインに達する方法の二つを挙げられます。基本的にどちらが有利というものはありません。しかし、保育士試験は国家資格でありますので、楽に簡単に取得できるものでもありません。

具体的な方法は養成校卒業と国家試験合格

厚生労働省の指定する養成校には、4年制大学、短期大学、専門学校、保育士養成施設があり、これらの学校の保育士資格が得られる学部・学科を卒業すると、自動で保育士の資格が手に入ります。一方 、保育士試験は国家試験であり、毎年1回、各都道府県で行われ 短大卒、あるいはそれと同等の資格を身に付けいれば受験することが、可能ということです。 現時点では、養成校を卒業して卒業とともに保育士になる方が多い傾向にあります。

費用と年月が異なります

おのおので費用や期間においても、プラス面・マイナス面がございますが、保育士資格はいずれの取得法でも、あらためていうまでもなく、資格に差があるということはありませんので、あなた自身に最適な取得法を選ぶと良いでしょう。 大学、短期大学、専門学校へ進学する方式を決定した場合、習得までの期間少なくとも2年と費用で年あたり100万円が生じますが、何の問題もなく設定された単位を手に入れば、卒業時に資格が入手出来ます。 保育士試験の受験を決定したケースになると、進学と照らし合わせると取得までの時間と費用を格段に少なくすることができます。学習などを通しては仕事や家事との二足のわらじも可能となります。 ですが、保育士試験はどんな方であっても受験できる試験というわけではなく、受験資格が設定されています。

家の近くの保育園での求人がなくとも、保育士専門の派遣会社に登録することで、一般には公開されない求人情報が得られる可能性があります。